▼現在の展示
企画展
近現代俳句の世界


  平成31年4月12日(金)―6月3日(月) 〔会期中の休館日:4月24日(水)〕

正岡子規は、江戸俳諧に対し、句作における写生≠ニいう客観的表現に
達し、これにより日本派(ホトトギス派)の俳句革新運動が興ることとなり
ます。また、子規は俳句雑誌『ホトトギス』を発行して多くの文人と創作活
動を展開します。この動きは俳文学に新たな息吹きを与え、今日まで続く近
現代俳句の基礎をつくり上げました。
 本展は、正岡子規や、俳句革新運動の一翼を担った高浜虚子、河東碧梧桐
をはじめ、近代俳句勃興期における有名俳人や現代俳句の魅力を展示いたし
ます。


常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


             《次回予告 》
特別展
奥の細道330年記念 芭蕉展
  平成31年6月7日(金)―7月23日(火) 〔会期中無休〕




→画像[ ]
2017:山寺芭蕉記念館

トップへ
(C)山寺芭蕉記念館