▼現在の展示
企画展
山寺と紅花T −紅花商人の栄華−


(左)《菓子箪笥》江戸時代 (山)長谷川家コレクション、
   (右)《蟻通図》英一蝶 筆 (山)長谷川コレクション  

  平成30年9月6日(木)―10月2日(火)
                             〔会期中無休〕  
   山形の紅花は最上紅花と呼ばれ、18世紀以降に隆盛し、その生産と流通の拠点は
   山形を中心に発展しました。本展では、そうした江戸時代に紅花によって栄華を
    極めた商家がコレクションした作品・資料を公開することにより、紅花が山形
   にもたらした文化の隆盛を垣間見ようとするものです。

常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

             《次回予告 》

企画展
山寺と紅花U −描かれた山寺−(仮称)

  平成30年10月5日(金)―11月11日(日)
                      〔会期中無休〕 




→画像[ ]
2017:山寺芭蕉記念館

トップへ
(C)山寺芭蕉記念館