▼水琴窟ってなんですか!?
水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで水滴により琴のような音を発生する仕掛けです。
 
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』
構造としては底に小さな穴の開いた瓶が逆さに伏せた状態で土中に埋められており、底は水が溜まるように粘土などで固められている。上には一般的に手水鉢(ちょうずばち)が置かれておりそこから流れ落ちる水が瓶の穴を通して滴り落ちるようになっている。その時の音が瓶の中で反響し琴の音のような音となる。
伝統的な水琴窟は茶室前の蹲踞(つくばい)に併設されることが多い。
水が流れるとキロロン・キーン・・・・・と素敵な音を奏でます(~_~)  


→画像[ ]
2007:山寺芭蕉記念館

トップへ
(C)山寺芭蕉記念館