第29回 山寺芭蕉記念館 文化セミナー:山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
第29回 山寺芭蕉記念館 文化セミナー
奧の細道330年記念
第29回 山寺芭蕉記念館 文化セミナー 
『芭蕉と「奥の細道」 ―漂泊の俳人、その旅と文学―』

2月29日㈯ 『おくのほそ道』尾花沢と鈴木清風
      梅津保一氏(山形県立米沢女子短期大学非常勤講師)

3月7日㈯ 俳句・芭蕉・奥の細道 ―海外からの眼差し―
      山本陽史氏(山形大学学術研究院教授・放送大学客員教授)

3月14日㈯ 『おくのほそ道』の地質学と哲学
      蟹澤聰史氏(東北大学名誉教授)
  
3月21日㈯ 『おくのほそ道』〈最上川〉の条を読む
        ―〈褻〉と〈晴〉の視点より―  
      復本一郎 氏(神奈川大学名誉教授、俳人)

■時  間 午後2時から3時30分まで(共に受付は午後1時から)
■会 場 山寺芭蕉記念館 研修室1
■受 講 料 各回500円
■受講定員 各日100人(先着順で定員になり次第、締め切りますので、
     お早めにお申し込みください。)
■申し込み 山寺芭蕉記念館まで
       電話(023-695-2221)またはFAX(023-695-2552)で
       「お名前、お電話番号、参加日」をお知らせください。



〔各講演の要旨〕

『おくのほそ道』尾花沢と鈴木清風 梅津保一

◇芭蕉は『おくのほそ道』で、尾花沢の清風を「かれは富める者なれども、
志いやしからず」「さすがに旅の情をも知たれば(中略)さまざまにもて
なし侍る」と絶賛している。芭蕉が県内最長の10泊した尾花沢での「もて
なし」について明らかにしたい。


俳句・芭蕉・奥の細道 −海外からの眼差し− 山本陽史 

◇私はここ数年、市民ボランティアの皆さんや学生たちの協力を得つつ、
俳句や奥の細道を海外に紹介する活動に取り組んでいます。
では海外ではそれらはどのようにとらえられているのでしょうか? 
その一端を紹介するとともに、文化と言葉の壁を超えるため何をすべきか
を考えます。


『おくのほそ道』の地質学と哲学  蟹澤聰史

◇『おくのほそ道』を地質学の目から見る。冒頭の「月日は百代の過客に
して行きかふ年も又旅人也」は芭蕉の自然観・哲学が端的に凝縮されてい
る。その背景には、中緯度地方に位置する日本列島、沈み込み帯で火山や
地震が多く、四季折々の変化に恵まれた立地条件が大きく働いている。


『おくのほそ道』〈最上川〉の条を読む
    ―〈褻(け)〉と〈晴〉の視点より― 復本一郎 

◇『奥の細道』の旅の途次に詠まれた俳句と『奥の細道』の本文の中の俳句
とでは、句形の異なるものがあります。それは、私の俳句理論である〈褻〉
と〈晴〉の視点を設けることによって解決すると思われます。〈最上川〉の
条に焦点を合わせてみます。


 


2020/01/31 10:06 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
facebook
奥の細道マイスター
login powered by samidare