奥の細道紀行(Ver2021) :山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
奥の細道紀行(Ver2021) 
 新暦にして7月19日、新庄を発った芭蕉と曽良は、本合海より最上川を下ります。清川で下船し、
羽黒に着きました。羽黒山の南谷別院に泊まりました。
  

     ※ ※ ※ ※ ※



 新暦にして7月17日、大石田を発った芭蕉と曽良は、新庄に至ります。
渋谷甚兵衛(俳号:風流)宅に泊まります。

  水の奥氷室(ひむろ)尋ぬる柳哉 芭蕉   

     ※ ※ ※ ※ ※


 新暦にして7月14日、山寺を発った芭蕉と曽良は、大石田に至ります。

     ※ ※ ※ ※ ※


 新暦にして7月13日、芭蕉と曽良は尾花沢を発ち、山寺に向かいます。鈴木清風が楯岡まで馬を出してくれたので、山寺には午後2時50分から3時40分の間に着くことができました。芭蕉はこの日のうちに山寺立石寺の参拝を行います。この日は山寺の宿坊に宿泊しました。  

  閑さや岩にしみ入蝉の声  芭蕉

   

     ※ ※ ※ ※ ※



 新暦にして7月4日、尾花沢に滞在中の芭蕉と曽良は、鈴木清風宅の近くの養泉寺に宿所を移しました。


     ※ ※ ※ ※ ※


 新暦にして7月3日、堺田を出た芭蕉と曽良は、昼過ぎに鈴木清風宅に着き、ここに泊まりました。



     ※ ※ ※ ※ ※



 新暦にして7月2日、芭蕉と曽良は大雨のため堺田の同所「封人の家」に留まります。

  蚤虱(のみ・しらみ)馬の尿(ばり)する枕もと  芭蕉

  
   ※ ※ ※ ※ ※

 新暦にして7月1日、芭蕉と曽良は岩出山を出て、鳴子より尿前関を越え、
出羽国新庄領に入ります。この日、堺田の新庄領の番人の家に泊ります。
芭蕉はこの家を中国の関所の番人になぞらえて「封人の家」と呼びました。


  
  
   ※ ※ ※ ※ ※

 新暦にして6月29日、芭蕉と曽良は平泉に着きます。中尊寺・光堂・高館
などを見て、この日は一ノ関に泊まりました。

  五月雨の降り残してや光堂  芭蕉  

     
   ※ ※ ※ ※ ※

 新暦にして6月20日、芭蕉と曽良は白石を発ち、岩沼で武隈の松を見物し、笠島を望見し、仙台に入りました。
この晩は国分町の大崎庄左衛門宅に泊まりました。

  桜より松は二木(ふたき)を三月越し 芭蕉

  笠島はいずこ五月のぬかり道     芭蕉  

     
   ※ ※ ※ ※ ※



 新暦にして6月9日、芭蕉と曽良は須賀川に着きました。地元の俳人相楽等躬の家に泊まりました。

  風流の初めや奥の田植歌  芭蕉

     
   ※ ※ ※ ※ ※



 新暦にして6月7日、芭蕉と曽良は那須の湯本を出、奥州街道筋に入り、遊行柳を見て、白河の関を越えました。泊まりは旗宿でした。

  田一枚植えて立ち去る柳かな  芭蕉

     
   ※ ※ ※ ※ ※


 新暦にして6月6日、芭蕉と曽良は那須の湯本で温泉神社を詣で、殺生石
を見ます。

  石の香や夏草赤く露暑し 芭蕉

     
   ※ ※ ※ ※ ※


 新暦にして6月5日、芭蕉と曽良は高久を出て那須の湯本に至ります。
温泉宿和泉屋に泊まりました。

     
   ※ ※ ※ ※ ※




 雨のため芭蕉一行は、新暦6月4日も高久の高久角左衛門の家に泊まりました。

  落ち来るや高久の宿(しゅく)の郭公(ほととぎす) 芭蕉

  (芭蕉が高久家の主のために詠んだ句)

    
     
   ※ ※ ※ ※ ※


 新暦6月3日、芭蕉一行は昼頃に余瀬を出立、高久に着いて高久角左衛門の家に泊めてもらいます。

  野を横に馬牽(ひ)きむけよほととぎす 芭蕉

  (余瀬から奥州街道筋の野間まで馬で送ってもらった際の句)

   ※ ※ ※ ※ ※


 新暦5月21日、芭蕉一行は那須黒羽の余瀬に着きました。この晩、余瀬の俳人・翠桃の家に泊まりました。

  

   ※ ※ ※ ※ ※





 新暦5月20日、芭蕉一行は裏見の滝・含満が淵などを見物、昼に日光を出発しました。その日は玉生(たまにゅう)〔現、栃木県塩谷郡塩谷町〕に泊まりました。



   ※ ※ ※ ※ ※




 新暦5月19日、芭蕉と門人・曽良は鹿沼を出て、日光に着きました。御宮を参拝し、日光上鉢石町の五左衛門と所に泊まりました。



   ※ ※ ※ ※ ※




 新暦5月17日、芭蕉と門人・曽良は粕壁を出て、栗橋の関所を経て、間々田(現、小山市内)に泊まりました。



   ※ ※ ※ ※ ※



 新暦5月16日、芭蕉と門人・曽良は深川を出船して、「おくのほそ道」行脚の途につきました。この日は粕壁に泊まりました。


2021/04/12 11:00 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
facebook
奥の細道マイスター
login powered by samidare