特別展「芭蕉と江戸時代」:山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
特別展「芭蕉と江戸時代」
特別展

芭蕉と江戸時代 ― 芭蕉文学を生んだ江戸文化 ― 

      

  令和3年9月17日(金) ―11月15日(月)
                     〔会期中無休〕 



 江戸時代の俳人松尾芭蕉は元禄2年(1689)の「奥の細道」の旅
を経て、「不易流行」の俳諧理念に到達し、元禄7年、日本文学史上
に残る紀行文『おくのほそ道』を完成させました。
 江戸時代は、諸街道や航路の整備、物資流通の活発化などにより、
庶民の間でも旅が一般化します。文学も雅俗が共存する多様化・大衆
化の道をたどり、下級武士や町民なども文学の担い手となっていきま
す。また、茶道や文人の書画が独自の文化を形作る一方、陶器・磁器・
蒔絵などの工芸も、新たな様々な意匠を生み出します。そうした中、
俳諧の分野では、全国的に影響力があった流派「貞門」の北村季吟に
学んだ松尾芭蕉は、それまで言語的遊戯であった俳諧を芸術の域まで
高めたのでした。
 本展では、芭蕉の生き方、感性に影響を与えた文学・芸術・生活、
そして旅の一端を見ることを通して、芭蕉文学を理解する手がかりと
しようとするものです。また、昨年新たに発見された芭蕉書簡も展示
いたしますので、是非ご覧ください。
当展が、芭蕉の文学や芭蕉の活躍した時代を理解する助けとなれば幸
いです。

2021/09/17 11:07 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
facebook
奥の細道マイスター
login powered by samidare