特別展『坂田燦の「おくのほそ道」版画展』が始まりました:山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
特別展『坂田燦の「おくのほそ道」版画展』が始まりました
令和4年6月3日、特別展『坂田燦の「おくのほそ道」版画展』の開展式が行われ、オープンしました。



オープニングの様子


坂田燦氏のギャラリートーク


旅に生き、旅に死んだ芭蕉は、人生はすべて旅や、旅人のようなものだと考え、1689年5月14日おくのほそ道の旅に出て、10月4日、約150日間、約2400キロの長い旅を終えました。
俳人の長谷川櫂氏によると、芭蕉の『おくのほそ道』は単なる旅の紀行文ではなく、虚実が相半ばする再構成された文学作品だといわれています。
氏の著書を底本にして、次にように版画作品を構成しました。
第1節 旅の禊 第2節 歌枕巡礼 第3節 太陽と月 第4節 浮世帰り

 2022年6月  坂田 燦(あきら)

2022/06/06 17:26 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
facebook
奥の細道マイスター
login powered by samidare