◆◆桃の節句茶会の様子◆◆:山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
◆◆桃の節句茶会の様子◆◆
2008年3月、桃の節句茶会が開催されました。
席を担当してくださったのは、表千家の渡部勝雄先生です。
席主の渡部先生に特別に「部屋を自由に撮影して良し!!」の許可をいただきましたので、少しですが茶会の様子をご覧下さい(^−^)


待合での様子
◆寄付掛物  立雛の図 西村五雲筆◆批杷 床  天球と地球(象牙の籠彫)

水屋の様子


お茶の準備が整いましたので中へどうぞ。と言われて部屋に入り軸や花入などをお道具を拝見してます。


花入◆弘入作 燕菴伝来古形の写 十代 休々斉極◆
花 ◆桃◆
釜 ◆和銑富士釜波地文 人間国宝 敬典作◆

莨盆◆如心斉好 粒足 而妙斉箱 一閑作◆
莨入◆切箔押田葉粉入 吉兵衛作◆
火入◆古代黄交跡 青海波 翠嵐作◆
煙管◆而妙斉好 筋 南鐐 清五郎作◆


本席掛物◆即中斉筆一行 柳色新如染◆
柳の新しい芽がまるで染めたように緑色だ・・・・


お菓子を頂戴いたします。




お菓子は風雅の国製の若紫(薯蕷練切皮むき餡)でした。
写真に撮れなかったのがすごく残念だったんですが・・・(緊張してたら撮影忘れてました(+o+))二服目に出していただいた、お干菓子が今まで味わったことのない食感で、すごくおいしかったんです!なんて表現していいか分からないんですが・・・豆腐のような淡雪のようなチーズケーキのような・・・そんな感じでした。わざわざ前日に仙台まで行って用意してくださったそうです。とても珍しいお菓子でした。







菓子器を拝見してます。








お茶をいただいた後にお茶碗や釜などのお道具を拝見させてもらいました。


本日の席主 渡部勝雄先生です。


表千家の皆さんです。

今回はなんと130名もの方々が来席くださいました。
皆さん閑かな空間で心豊かなひと時を過ごされたようです。

2008/03/10 10:00 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
login powered by samidare