これまでの特別展・企画展:山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum

山寺芭蕉記念館_Yamadera Basho Museum 山形市文化振興事業団
これまでの特別展・企画展
企画展「今昔 妖怪・もののけ展 ―異界探訪 鬼退治伝説から呪術師まで―



  令和4年7月23日(土)〜8月30日(火) 〔会期中無休〕

 妖怪は古来より様々な文学作品、美術作品に取り上げられ、松尾芭蕉も紀行文
『おくのほそ道』の中で、妖怪犇緘の狐瓩了生石についてふれ ています。
本展では、江戸初期から現代に至るまでの妖怪画や造形作品を 展示し、妖怪が
日本文化の中でどのように語り継がれ、表現されてきたの か探ります。




特別展「坂田燦の「おくのほそ道」版画展」




  令和4年6月3日(金)〜7月19日(火) 〔会期中の休館日:6月8日(水)〕

 版画家の坂田燦氏は1990年(平成2)から2020年まで30年かけて
「おくのほそ道」版画63点を制作してきました。昨年、坂田燦氏から、
それら版画63点が山寺芭蕉記念館にご寄贈いただきました。この度の
展覧会はその寄贈記念として開催いたします。この坂田燦氏の連作版
画は、山形市山寺を出発地点として制作が始まったもので、坂田氏も
ご自身の「おくのほそ道」の原点は山寺だとおっしゃっています。以
降、坂田氏は「おくのほそ道 ひとり旅」を続け、芭蕉の俳句を白と
黒の木版画で表現することに尽力されてこられました。
 329年前に芭蕉が見た情景と心情をイメージ化した版画によって、
芭蕉の「おくのほそ道」の旅を追体験すると共に、版画表現の魅力を
ご鑑賞ください。





2020/03/30 20:00 (C) 山寺芭蕉記念館
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆
山寺/松尾芭蕉像
山寺/松尾芭蕉像
山寺/曽良像
山寺/曽良像
facebook
奥の細道マイスター
login powered by samidare